美容師として多くのお客様にこれまで以上にお一人お一人に「似合う」カラーを提案できればと、カラーコーディネート検定での色彩学やパーソナルカラーの講座を受講していく過程で、中川先生がパーソナルヘアカラー講座というものを開講されておられるとの紹介を頂いて、受講させて頂きました。 サロンワークやヘアメイクの現場で仕事をする上で色彩学やパーソナルカラーを学ぶ過程で、メイクもさることながら、お顔に一番近く、また、多くの割合を締めている髪の色というものが印象や診断をとても左右してしまうという事がわかり、ヘアカラーでその方により似合う色が表現できたら、ファッションやメイクなどのトータルでもっとその方の魅力が引き出せるのではないか?と思ったのが受講のきっかけでした。 これまでのサロンの実情としては、ヘアスタイルに合ったカラーの提案、またはお客様側からの要望のお色味に対していかに忠実にヘアカラーを施すか、又はファッションも含めたトレンドカラーからの提案というのがほとんどで、お一人お一人に似合うヘアカラーと言うのは、個人的に勉強した色彩学やパーソナルカラーを元に施すことしでしか手段が無く、これまで以上の提案をする事に限界を感じていました。 今回の講座を通じて、お客様の望む色、似合う色、更には「似合わせる為の工夫」までもが学ぶ事ができ、本当に素晴らしい経験になりました。 講座の中のお話しでもありましたが、大半のお客様がご自分に似合う色よりもしてみたい色を要望されていること、または似合う色が判らないからお任せするといった事がほとんどです。 日本のヘアカラーの歴史はまだまだ浅く、明るさを実現することができてからやっと色味が浸透してきつつある現状の中、明るさや色味の違いすらご理解頂くのが難しいのが現状でもあります。 沢山のカラーが載っている色見本だけではとても分かり難いお色味を、実際にカラーの施してあるヘアカタログも合わせて入念にカウンセリングをしてきましたが、やはり本当の意味で似合う明るさや色味までは提案仕切れずにいたので、教材で頂いたカラースケールで明るさや色味を実際に合わせてみる事で、こんなに明確に違いが判って提案ができる事に驚きでした! パーソナルカラーの側面からの考え方や、診断したパーソナルヘアカラーに合わせたメイクの色味なども細かく教えて頂き、似合わせる為の提案などもとても勉強になりました。 ヘアカラーの開発に携わってこられた中川先生ですので、薬剤の豊富な知識や化学的な側面からの理論的なご説明も、とても分かり易かったです。 パーソナルカラーと共にこのような知識と経験をお持ちの方でなければ、このパーソナルヘアカラーという講座は決して成立できないと思います。 これからは、より多くのお客様にご自分にお似合いになる明るさや色をご自分でも認識して頂けた上で、更に似合う色、より良く表現しより似合う様になるためのバリエーションを含めた提案ができると思うととてもワクワクしています。 それに、より多くの美容師やヘアカラーリストの方々にもこのパーソナルヘアカラー診断が浸透する事で美容業界におけるカラーがもっと変わってくると思うので、今後の中川先生の益々のご活躍をお祈り申し上げます。 この度は本当に素晴らしい経験をありがとうございました。