まずはヘアカラー業界での暖色・寒色の定義の仕方が、通常の色彩学を学んできているカラーリストの認識とは違うことを知り、驚きました。 その為、お客様が実際に美容室にカラーリングをしに行くことを想定し、美容師さんに要望が正しく伝わるような表現をすることの重要性を強く感じました。 また、ブルーベースの方であればブルーベースのヘアカラー、イエローベースの方であればイエローベースのヘアカラーがお似合いになるというのが基本の考え方であると思っていましたが、それもその方によって変わってくる場合もあると知り、カラーリスト自身がお客様のパーソナルカラータイプに縛られずに診断することが必要だと感じました。 ヘアカラーの場合、黒髪や暗いブラウンに染めた場合は一見大きな違いが出にくいので、雑誌などを見ていても見分けがまだまだ難しいですが、お客様にお勧めする場合にも今回教えていただいたように、明るさ・ツヤ感・色みというようにポイントを絞ってわかりやすくお伝えしていきたいと思います。 ヘアカラーはその方の印象を決める上での大きな部分を占めていると思いますので、今後も学びを深めていきたいです。