似合うヘアカラー(髪色)診断法「レッド・ノンレッドメソッド(R)」について

美容師であれば、一度はパーソナルカラーという言葉を耳にしたり、講習会や授業などで学んだりしたことがあると思います。 イエローベースやブルーベースという言葉もきっと聞いたことはあるでしょう。 パーソナルカラーでは、原色に黄色を含んだ色をイエローベースという色のグループと、原色に青を含んだブルーベースの色という色のグループに分けて、どちらのベースが似合うかを診断します。

パーソナルカラーとヘアカラー 1

ヘアカラーを語る時に何気なく使う「ウォーム」と「クール」。 パーソナルカラーを学ぶ時にも出て来ることが多い「ウォーム」と「クール」。 色を語る時にいろいろな場面で出くわす「ウォーム」と「クール」ですが、 場面が違えば色みが違うってこと、ご存知でしたか? ヘアカラーでは、

プロマスター V-8/7

5-アミノオルトクレゾール、塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール、α-ナフトール、パラフェニレンジアミン、5-(2-ヒドロキシエチルアミノ)-2-メチルフェノール 共有Tweet印刷メールアドレス