マット系のヘアカラー剤のメーカー比較を行いました。

マット系ヘアカラー

実験環境

用いたヘアカラー剤(写真左から):
アルーリアファッション マット8 (ロレアル)
アジアンカラー マット8 (アリミノ)
アソートアリア C-8/YG マット (デミ)
HBケアテクトカラー C-Ma8 マット (ナプラ)
イゴラロイヤルイマジア M8 ミント (シュワルツコフ)
コレストン 8/2 マット (ウエラ)
マテリア M-8 マット (ルベル)
オルディーブ 8-20 マット (ミルボン)
プリミエンス M8 マット (資生堂)
プロマスター M-8/7 マット (ホーユー)

用いた毛束
ヤギ毛、ブリーチ毛、ヴァージン毛

染色条件
塗布3分、放置40分(室温)、シャンプー2回

日時
染色 2012年10月16~24日
撮影 2012年10月27日(自然光下、くもり)

結果と考察

 

ヤギ毛

色票は左から5Y、5GY、5G、5BG(マンセル)。
マット系ヘアカラー

色相分布は5Y~5B前後
黄色から青までの幅広い色相に分布する。
アソートアリア(C-8/YG)はかなり青みに偏っている。HBケアテクトカラーも青みが強い。

明度分布は2~4程度
アソートアリア(C-8/YG)・コレストン・プルミエンス・プロマスターは明度が低く、マテリアは明度が高めである。

彩度分布は1~3程度
他は2~4程度のものが多い。
アルーリア・イゴラ・コレストン・オルディーブは彩度が低い。

染料との関係
カップラーの2,6-ジアミノピリジンを用いないブランドは彩度が低く黄みが強い(アルーリア・イゴラ・コレストン・オルディーブ)。

 

ブリーチ毛

色票は左から10YR、5Y、10Y(マンセル)。
毛束の左端は染色前、右端はJHCAヘアカラーレベルスケール。
マット系ヘアカラー

色相分布は10YR~10Y前後
アルーリア・イゴラ・コレストン・オルディーブはやや赤みが残る。

明度分布は2~3程度
一見大きな差はないが、アルーリア・イゴラは比較的明るい。

彩度分布は2以下
全体的に彩度は低い。

 

ヴァージン毛

色票は左から10YR、5Y、10Y(マンセル)。
毛束の左端は染色前、右端はJHCAヘアカラーレベルスケール。
マット系ヘアカラー

差を見分けるのは難しいが、アルーリアとアソートアリア(C-8/YG)はやや赤みがあり明るめか。

美容教育研究所のサービス

講演・オーダーメイド講習会

美容色彩学・美容心理学・美容科学分野での講演・研修・執筆を承っております。 また、美容師様へ、当社オリジナルのパーソナルヘアカラー理論をベースとした準パーソナルヘアカラー診断士講習会・パーソナルヘ ...