トルエン-2,5-ジアミン(染料中間体)の特徴と用いられるヘアカラーの色をまとめました。

【表の見方】

色合い:
それぞれの染料中間体との組み合わせで、ヤギ毛に染めた場合のイメージ
用いられる色:
8レベル程度の人毛に染めた場合のイメージ

画像は色の一例です。染色条件、元の毛の状態、画面設定、光源、染料中間体カップラーの配合量・配合比率などの条件により変わりますので、予めご了承下さい。
記載内容に関して当方では一切の責任を負いません。またこの情報の無断転載はご遠慮下さい。

名称 トルエン-2,5-ジアミン
種別 酸化染料-染料中間体
特徴 しばしば「硫酸トルエン-2,5-ジアミン」として硫酸塩で用いられる。
同じ染料中間体であるパラフェニレンジアミンと似た色域を持つが、トルエン-2,5-ジアミンは暗く染まりにくく、やや青みの色に強く、赤みの色は彩度がでにくい。白髪のカバーはあまり得意ではない。
カップラーとの組み合わせによりバイオレット系アッシュ系マット系を出すことができる。
逆に、ゴールド系オレンジ系レッド系を、他の染料中間体なしに表現することは不可能。
色合い
レゾルシン メタアミノフェノール パラミノオルトクレゾール 5-(2-ヒドロキシエチルアミノ)-2-メチルフェノール
α-ナフトール 塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール 2,6-ジアミノピリジン
用いられる色
ゴールド系 マット系 アッシュ系 バイオレット系 ピンク系
ウォームブラウン系 ベージュ系 クールブラウン系 モノトーン系

美容教育研究所のサービス

講演・オーダーメイド講習会

美容色彩学・美容心理学・美容科学分野での講演・研修・執筆を承っております。 また、美容師様へ、当社オリジナルのパーソナルヘアカラー理論をベースとした準パーソナルヘアカラー診断士講習会・パーソナルヘ ...