ヘアカラー染料チャートヘアカラーの色素は、反応して発色する「酸化染料」と、最初から色がついている「直接染料」があります。

「酸化染料」は、さらに「染料中間体」と「カップラー」からできています。
1剤と2剤を混ぜると、「染料中間体」同士、または「染料中間体」と「カップラー」が反応が進み、様々な色に発色します。

ここでは、よく用いられる「染料中間体」と「カップラー」の組み合わせによってどのような色になるのか、イメージで示します。

※画像はホワイトベース(ヤギ毛)に染めたときの代表例です。色は、染料中間体カップラーの配合量・配合比率、染色条件、元の毛の状態、画面設定、光源などにより変わりますので、予めご了承下さい。

酸化染料

【表の見方】

縦列:染料中間体
D・・・パラフェニレンジアミン
A・・・パラアミノフェノール
T・・・トルエン2,5-ジアミン

横列:カップラー
R・・・レゾルシン
M・・・メタアミノフェノール
C・・・パラアミノオルトクレゾール
H・・・5-(2-ヒドロキシエチルアミノ)-2-メチルフェノール
N・・・α-ナフトール
E・・・塩酸2,4-ジアミノフェノキシエタノール
P・・・2,6-ジアミノピリジン

R M C H N E P
D
A
T

直接染料

パラニトロオルト
フェニレンジアミン
ニトロパラ
フェニレンジアミン
直接染料

コンテンツ

美容教育研究所のサービス

講演・オーダーメイド講習会

美容色彩学・美容心理学・美容科学分野での講演・研修・執筆を承っております。 また、美容師様へ、当社オリジナルのパーソナルヘアカラー理論をベースとした準パーソナルヘアカラー診断士講習会・パーソナルヘ ...